大阪市天王寺区のバリアフリー・リフォーム会社 (株)大宣創芸 山本哲央のブログ

株式会社 大宣創芸 社長、山本哲央氏のブログ。 インテリアに関する情報、現在改装中の店舗の進行情報などをお知らせ。

”介護リフォーム”狭小トイレの便器を腰掛便器に改修!

”介護リフォーム”の相談依頼を受けました。 本人は要支援1の一人住まいのご高齢女性、身体の状態から日常生活に不安を持っていました。 住まいは、昭和時代の大阪下町のコンパクトな戸建で、今では1階で寝食していますが、特にトイレ使用に不安を持っていました。 弊社は福祉住環境コーディネーターによる介護リフォームの役所申請と理由書の作成から介護リフォーム工事までワンストップでサービスを提供致しました。

(Before)狭小トイレの状況
RIMG4410RIMG4407


























(改修工事中)既存便器を撤去し配管を移設しコンセントを設備しました。
RIMG4712










床は、コスト削減につきコンクリート仕上げにしています。
RIMG4717









(After)2〜3日のコンクリート打ち乾燥(養生期間)をして、腰掛便器+ウォシュレット便座と身体上下移動補助手すりを設けました。
RIMG4786RIMG4790

































バリアフリー・リフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!

10年目にして美容室のリニューアル・工事4と5日目(5)

今回のAR美容室オーナー様は、店装素材について、レトロ調こだわりを持たれていました。 リニューアル施工可能な中にオーナー様のイメージに合う素材を選びに数回プレゼンを行い実施しています。

1、エントランス・フロアーは既存タイルを張っていました。リニューアルではコンクリート打ちっぱなし仕上げをイメージされていましたが、時間とコストとの問題から、弊社と建材メーカー様のコラボで、左官コテ仕上げの薄ヌリ材をオリジナルし施工しました。
既存のタイル目地の凹みを消すため、下ヌリ4回ヌリしています。
RIMG4506









上塗り仕上げは、一発施工で仕上げました。
RIMG4520









2、店内奥のシャンプーブースの床です。既存は塩ビタイルを張っていました。今回のリニューアルでは、仕上げ材を天然素材にこだわりました。内装壁面は「呼吸する壁”微風”」床は天然木質フロアーですので、シャンプーブース床をТ鐚船織ぅ襪鬟椒鵐錨修蟷楾しました。
RIMG4522









3、店装施工5日目は、什器や電気仕上げ器具取り付け施工をしました。
新規レジコーナーの背面には、お客様コート預かり等のオリジナルHgp棚など造り付け施工をしています。
RIMG4521

















Before〜Afterの施工事例をホームページに掲載しています。ご覧ください!
住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!

10年目にして美容室のリニューアル・工事3日目(4)

リニューアル工事3日目からは、内装仕上げ工事をしていきます。
店内の壁面をリニューアルするのですが、既存クロス貼りの上から施工可能な「呼吸する壁”微風”」を左官工事で全面仕上げます。 ”微風”は調湿効果・消臭効果・シックハウス対策に効果的です。 今回の施工は左官コテによる施工で、コテ塗りのソフトな波模様が特徴です。
RIMG4501










RIMG4495










RIMG4503











住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!

















10年目にして美容室のリニューアル・工事2日目(4)

現場工事2日目は、大工さんによる店内造作を致しました。
店内奥シャンプーブースの窓格子スクリーン造作です。
お客様にリラックスして、心地よるシャンプーを楽しめるコーナーとして作っています。
まず、両端の支柱を立てました。
RIMG4488
















次に、横材や先に作っておいた、格子窓をセットし、組み立てています。
写真は、翌日の内装塗り替え時のものですが、奥のビニール養生した二つ窓格子の仕切りです。
RIMG4494









住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!










10年目にして美容室のリニューアル・工事1日目(3)

工期は9月5日〜9月12日(8日間)で行います。よってスケジュールを確り決め、忠実に実行することが肝要です。  初日の工事は、撤去工事と配管工事を致しました。
<工事前の状態です>
奥にシャンプーブースの黒いローケースが見えます。
RIMG4478









店内奥から入口方向を見ています
RIMG4482










<撤去工事後です>
鏡は外され、奥シャンプーブースの床配管工事をしました。 また、スタイリングブースの椅子配置の変更からフロアーコンセントの配線移設を致しました。
RIMG4485









既存のエントランス・サインボーダーパネルは撤去され、本体のステンレスパネルが露出しました。新設サイン・ウッドパネルはこのステンレス本体に取り付けします。
RIMG4487










住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!

10年目にして美容室のリニューアル(2)

 現場施工の前に、インテリア造作やサインウッドパネル製作並びに塗装などの製作を先に行いました。

<エントランス・サインウッドパネルの素材製作と塗装を致しました>
サインパネルは杉板をデザインされた寸法にカットしたモノをキシラデコールを塗布し自然乾燥いたしました。
RIMG4388
KIMG0123


























<インテリア仕切格子は、寸法製作され水性塗料を塗布いたしました>
RIMG4413
RIMG4417
RIMG4418
RIMG4419
RIMG4436



















































住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!


10年目にして美容室のリニューアル(1)

 今回、美容室のリニューアルは開店10週年目に当たり、お店の繁昌よりリニューアル改装を行いました。
基本リニューアル・プランは、スタイリングチェアーの1台増設とシャンプーブースのリニューアルを行い、お客様へのサービスと仕事の効率化を計画されました。

before写真を紹介します。

<エントランス>
サインのウッドパネルが老朽化のためリニューアルいたします。
RIMG3294


















<店内スタイリング>
4面のスタイリングミラーから背面を使ったリニューアルで5面に(1台増設)リニューアルします。
RIMG3117







 










<右レジコーナー>
このレジコーナーがスタイリング2面にリニューアルします。
RIMG3120

















<奥シャンプーブース>
リニューアルではお客様がリラックス出来るバックシャンプーを設備し、硝子格子の仕切りを設けます。
RIMG3134









<イメージ・スケッチ>
6アールヘアーさんシャンプー仕切りウォール 001











<シャンプーブースからの店内見返し>
サイドシャンプーからバックシャンプーYUMEに変身され、硝子格子で仕切られた、リラックスできるスペースに生まれ変わります。
RIMG3130









<イメージ・スケッチ>
7 アールヘアーさんシャンプーブースの仕切り製作図(2) 001

















<入口横⇒リニューアルではレジコーナーに変わる>
RIMG3114












<リニューアルplan>
既存平面レイアウトに赤インクでリニューアルレイアウトを示しました。
5 アールヘアーさんPLAN 001











住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!







大阪市内の築約40年の木造家屋のトイレと室内建具リフォーム(工事完了)

工事の完了です。
今回のリフォームでは、私の所属する”NPO法人 まち・すまいづくり”さんの「快適・安全な子育て世代のサロン改修」をテーマにトイレ改修や各所間仕切り建具の改修を行いました。

トイレでは、快適で女性が利用しやすい、清潔で、掃除しやすいを目的に改修を行っています。
1に、既存はダイニング・キッチンから見えるトイレドアを食器収納棚を手前に配置しトイレ入り口ドアをカモフラージュしています。
RIMG4327
RIMG4313
RIMG4304









































2、洋便器では100年クリーンなアクアセラミック・トイレを、トイレ内装では、壁面は針葉樹合板をオイル拭き仕上げに汚れが付きにくくし、清潔で快適な空間に、腰貼りはキッチンパネルを貼り掃除しやすい清潔感を、床はピュアハード仕上げの天然木彫フローリングを、また廊下とはバリアフリーに仕上げています。
RIMG4430RIMG4422




















3、ダイニング・キッチンから左引き戸は玄関廊下からの出入り口、四枚引き違い戸は、執務室との間仕切り戸になっています。また、出入り口戸の透明アクリルは、来客の姿が確認できます。四枚引き戸のアクリマットは、執務室への明かりを入れるためです。
RIMG4331
RIMG4328


















4、ダイニング・キッチンから奥の会議室の引違戸(会議ではスクリーン映像のためメクラ戸にしています)
RIMG4332









5、会議室からダイニング・キッチンの出入り口引違戸を観る。既存の鴨居を使い敷居にはフラットレールを敷き、新設引違戸の滑りを滑らかにしています。
RIMG4296









6、会議室の既存押入れを、使いやすく内部棚を増設し、クローゼット・フリーオープン式で使い勝手を考慮しています。
RIMG4297










住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!

大阪市内の築約40年の木造家屋のトイレと室内建具リフォーム(工事7日目)

工事7日目
今回のリフォームでは、建具の入れ替えが、全部で5か所有ります。 
 この内の四枚引き違い間仕切り障子リフォームでは、既存垂れ壁の上枠を残し、上吊りレールに四枚引き違い戸をオーダー製作し設置することになりました。 
 ただし垂れ壁上枠を残したのは、垂れ壁を撤去すると隠れている土壁の土埃が出ますのでこの室内の業務中工事では無理が有ります。また垂れ壁を落とすと天井改修も起こりますので、工事コストも膨らむ理由からです。
 
改修工事は、片側の壁改修から始めました。
既存上枠を残しての問題は、上枠だけが反りがきつかったことです。何と間口2874ミリの中心から片側の上枠が28mミリ反り上がっていました。 その反りを補正するため、正面側の壁面を新たに大工造作致しました。

レザー光線で水平レベルを観測している大工さん
RIMG4256









正面壁下地改修を終えた様子
RIMG4261









裏側から見た正面壁改修、左に反り28ミリの補正が見えます。
RIMG4272
RIMG4273

















正面壁改修の出来上がり。障子を外した状態。
RIMG4275









住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!

大阪市内の築約40年の木造家屋のトイレと室内建具リフォーム(工事6日目)

工事6日目
引き続きトイレの木工事です。
 この木工事は壁面の針葉樹合板貼りから始め、ポイントの出入り口の開口部造作を本日の木工事にしています。  弊社では、工事のスピード化を図り、初日の解体工事後にこの開口部に納まる建具を計算し、先に建具のオーダー製作を始めています。よってこの木工事の開口造作は、決まった寸法を誤差なく建具枠を造作出来る大工の技量が試されています。
RIMG4247
RIMG4250
RIMG4245








































開口部造作の出来上がりです。
RIMG4257
RIMG4255

































また、この日はトイレのお掃除メンテナンスを考慮しまして、壁面腰貼りにはキッチンパネルを施工しました。
そして、壁面の針葉樹合板にはリボスの植物オイルを施しています。
RIMG4252
RIMG4253
































住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!
  • ライブドアブログ