今日3日目、トイレの工事では床の改修をを行いました。
この場合、木工事で改修するか、モルタル左官で改修するかの選択がありました。
選択の決め手は、仕上げをフローリングの直貼り仕上げが可能なこと、
下地改修が厚み40〜50mmの範囲で工事が可能なこと、また既存タイルフロアーに不陸が有ったことなどから、モルタル左官工事に決めました。
RIMG4219
RIMG4228
RIMG4235



























住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!