工事7日目
今回のリフォームでは、建具の入れ替えが、全部で5か所有ります。 
 この内の四枚引き違い間仕切り障子リフォームでは、既存垂れ壁の上枠を残し、上吊りレールに四枚引き違い戸をオーダー製作し設置することになりました。 
 ただし垂れ壁上枠を残したのは、垂れ壁を撤去すると隠れている土壁の土埃が出ますのでこの室内の業務中工事では無理が有ります。また垂れ壁を落とすと天井改修も起こりますので、工事コストも膨らむ理由からです。
 
改修工事は、片側の壁改修から始めました。
既存上枠を残しての問題は、上枠だけが反りがきつかったことです。何と間口2874ミリの中心から片側の上枠が28mミリ反り上がっていました。 その反りを補正するため、正面側の壁面を新たに大工造作致しました。

レザー光線で水平レベルを観測している大工さん
RIMG4256









正面壁下地改修を終えた様子
RIMG4261









裏側から見た正面壁改修、左に反り28ミリの補正が見えます。
RIMG4272
RIMG4273

















正面壁改修の出来上がり。障子を外した状態。
RIMG4275









住まい・店舗の困りごとリフォームなら大阪市天王寺区の
株式会社 大宣創芸へ !!